ガン保険とは何か

ガンは、今では日本人の3分の1がガンによって亡くなっていると言われるほど死亡率が高く、かかってしまう可能性も高い病気です。 ですが、ガンは早期発見できることで治る病気なのです。 ガンになってしまうと入院や手術が必要で、仕事も休まなければならないため、今後の生活に支障をきたします。 そんな時に助けてくれるのはガン保険です。 ○ガン保険とは ガン保険とは、ガンに特化して作られた保険で、ガンになった時に給付金が受け取れる保険です。 ガンになると治療のために入院や手術が必要になります。 また、抗ガン剤で治療を行う場合は、さらに費用がかさみ、自己負担額が増えます。 もし、一家の大黒柱がガンになってしまったら、そうした治療費の負担は増えるのに収入はなくなってしまう為、家族の生活も脅かされてしまいます。 ガン保険に加入していれば、入院や手術を受けるたびに給付金が受け取れます。 注意点としては、ガン保険の保障がが開始されてから90日以内にガンと診断された場合は保障の対象外となってしまうのと、既にガンになってしまっている場合は加入ができないという点です。 ○ガン保険のメリット ・給付日数無制限 いわゆる生命保険につけられた入院の給付金は、例えば90日など、給付日数に上限が定められているものがほとんどです。 この場合、90日を超える入院をされた場合は91日目からの給付金は保障されません。 ガン保険は給付日数が無制限のため、長引く治療の場合も心配いりません。 ・保険料が安い ガン保険はガンのみが対象になっている保険です。 他の疾病やケガでの入院は保障されません。 その為、保険料が安く設定されています。 ガン家計の方、身近にガンになったことがある方は検討してみてください。 こちらもどうぞ⇒動脈硬化改善 サプリメント

Read More
ダンベル上げは二の腕に効く?

マッチョに筋肉を鍛え上げるトレーニングジムのメニューの一つにもなっているのが、ダンベル上げです。 まさか重さ10kgもするダンベルを普通の女性が上げ下げしたいとは思いませんが、最近は加圧トレーニングなどをする女性も増えていますよね。 ダンベル上げは酸素を取り入れながら行う有酸素運動とは違い、瞬時に筋肉を使うことで効率よく身体を鍛え上げる無酸素運動です。 ただダンベル運動のやり方もいろいろあって、方法によってはダイエットに効果的な有酸素運動にもなり得ます。ここでは、二の腕にダンベル上げが効くのかどうかをお話しましょう。 家庭でも出来るダンベル上げ 少し前に流行もしましたが、家庭でもダンベル上げの運動は行えます。それは、ペットボトルなどを利用して行うトレーニングです。 ペットボトルは500gや1kg、1.5kg、2kgなどの重さを選べますよね。1.5kgや2kgともなると女性が片手で上げ下げするのはハードですが、1kg程度なら適度な運動になります。 100円ショップなどで水を入れられるダンベルも販売されていますから、それを利用してもいいかもしれません。 ゆっくり上げ下げする いわゆる重量上げと呼ばれるダンベル上げは、呼吸を止めて気合で重いダンベルを一気に持ち上げて下ろすという動きをします。 しかしこれでは、腕の筋肉が発達しすぎて、女性でもちょっとムキッとした腕になってしまう可能性があります。 ほっそり引き締まった二の腕にするには、適度な重みのダンベルをゆっくりと上げ下げすることが大切です。 腕の筋肉をいっぱいに伸ばしながら無理なく続けると、段々とダンベル上げが快感になってきますよ。 ただ、効果が出てくるまでには、ある程度の期間ダンベル上げを続けなければなりません。根気がいる運動ですから、そこは覚悟しておきましょう。

Read More