生理前にどうしてむくんでしまいやすくなるのか?

生理前になった体がむくんでしまいやすくなってしまう人はとても多いと思います。 どうして生理前になるとむくんでしまいやすくなるのかというと、女性ホルモンが原因になっています。 女性ホルモンは黄体ホルモンと卵胞ホルモンに別れているのですが、これらのホルモンが大量に分泌されるようになってホルモンバランスが乱れてくると、症状として体に現れやすくなるのです。 生理が終わってから排卵が行われるまでの間は活発に卵胞ホルモンが分泌されるようになり、排卵終了後から次の生理までは黄体ホルモンが活発に分泌されるようになります。 黄体ホルモンが分泌されている時期というのは、妊娠をするための体になっていますが、この黄体ホルモンの働きによって体がむくみやすくなってしまっているとされています。 なぜかというと、黄体ホルモンが分泌されるようになる時期というのは、妊娠をするために体の中に水分や栄養素を蓄積しようとする働きがで舞うs。 さらに、妊娠に備えるために食欲も増すことになり、反対に腸のぜん動運動が弱くなって、便秘になりやすくなります。 これによって、老廃物や水分が蓄えられてしまったり、体重が増えやすくなってしまうのです。 黄体ホルモンが活発に分泌されている時期というのは、精神的にも不安定になりやすくなってしまいますし、症状に悩んでしまいやすいものです。 しかし、深刻に考えてしまっていると、ストレスが蓄積されてしまって、症状が悪化してしまいやすくなってしまいます。 ですので、あまり深く考えないようにしたり、こまめにストレスを発散させるように生活をしていってください。 そして、お風呂に入っているときにマッサージをしたり、足枕をして心臓よりも足を高くして寝るようにして、むくみを改善させるようにしていきましょう。 この時期に、体重が増えてしまったり、向くんでしまったからといって、水分をあまり取らなくなってしまったり、食事をしないようにしてしまっている人もいるのですが、適量の水分補給と食事は健康に必要不可欠になっています。 水分がタダでさえ体の中に残されてしまいやすくなっている時期ですから、水分を溜め込んでしまう特性を持っている塩分は控えるようにすることをオススメします。 反対に大豆製品をしっかり食べるようにしましょう。 大豆製品には、豊富にカリウムや大豆イソフラボンが含まれています。 カリウムは水分の排出を促し、大豆イソフラボン葉女性ホルモンのバランスを整える働きを持っていますので、生理前のむくみなどの症状を改善しやすい食品になっているのです。 おすすめサイト>>>>>ホルモンバランスを整える

Read More